ホームページリニューアルしました!


ホームページリニューアルしました!

 商品が分かりやすくなって見やすくなりました。。。。


日頃の感謝を込め、、、、
ポイント制スタートしました

  ポイント制導入に伴い、商品をご購入しなくても [会員登録]して頂いたお客様には30ポイントプレゼント。

更に、
さらに、5月12日(木曜日)18時以降より5月31日(火曜日)23時までにお買い求めいただきましたお客様には通常のポイント以外で30ポイントプレゼントさせていただきます。

更に更に、
[ご感想]をお書き頂いたお客様にも10ポイントをプレゼントさせていただきます。

新しい試みで始めたばかりなので不手際がございましたらご容赦下さいねm(__)m

新商品のご案内5月末販売 予約承っております‼

●キッズ装具[カバーシューズ]用ロータイプ(サイズ:15cm〜24cm)

●メンズ装具[カバーシューズ]用ミッドタイプ(サイズ:25.0cm〜28.0cm)

千葉県船橋市特別支援学校ミニ福祉機器展へ参加してきました。

千葉県船橋市特別支援学校の先生からのお誘いで12月4日(土曜日)ミニ福祉機器展にサスウォークシューズの展示をさせて頂きました。 


皆さんに、新商品及びニューカラーを見て頂き、結構評判でした‼
この機会に、お子様へ靴の試着を兼ねお一人お一人の足に合った靴のご説明もさせて頂きました。 

千葉県船橋市特別支援学校の先生方、ご父兄の皆様、そして子供達へ、お誘いいただきありがとうございました!

品番:SW-101(標準用) SW-102(装具用)スニーカータイプ販売のご報告

平成27年9月7日

日頃より大変お世話になっております。

予てより企画開発しておりましたスニーカータイプを平成27年10月中旬から販売することになりましたのでご報告申し上げます。
販売に先駆け商品のご説明をさせて頂きます。

◆サスウォークシューズの想い。
靴を履いて[立ち上った時][一歩踏み出した時]支える側の足(健足)が靴の中でズレて動いてしまい踏ん張る事が出来ないと恐怖心が過ぎり次の一歩を踏み出すのを躊躇されますよね。
サスウォークシューズの特徴は、小さいお子様から大人の方でも支える側の足(健足:標準タイプ)の安定性を大優先で考え靴を製作しております。

◆サスウォークシューズの特徴。
装具側に比べ標準(健足)側の靴底の高さを10mm高く設定。
装具の厚み分を考え左右の脚の長さを均等に保つとともに、標準(健足)側を少し高く設定することで装具を着けている足がスムーズに前に振り出せるように、また、緩やかな歩道のスロープでも健足側で支えられるよう靴底を高く設定しました。また、足首の安定を保つ為にも2本のベルトで固定して靴の中で足や踵が出来る限り動かないように標準側・装具側両方を敢えて折り返し式に致しました。 ご使用になられるお客様の事情は様々ですが、サスウォークシューズをご使用のお客様の中には健足側の筋力が発達している方が大勢いらっしゃいます。皆様の共通したご意見は歩行の時に健足側で支える瞬間、足元がぐらつかないから思いっきり踏ん張れる! 今では意識して一度健足側に体重を預けて装具側の足を真っ直ぐ前に振り出せるようなった。等‥、足元を[安定]する事で[安心]して歩けます。

◆サスウォークシューズSW-101(標準タイプ)SW-102(装具タイプ)のデザイン。
サスウォークシューズを幼少時からご使用になられているお客様の中には中学生・高校生・大学生へと、既に社会人になられたお客様も大変多くおられます。お客様の中には自身の年代で着る洋服にマッチする靴が無く苦労されているお話を良くお聞きします。 この度、ご紹介するサスウォークシューズ スニーカータイプは靴のデザインや靴底の意匠デザインも敢えて一般市場で販売しているデザインと全く変わらない商品を意識し、標準用及び装具用それぞれに必要な機能を加え製作しております。

◆素材にこだわりました。
新企画商品、品番:SW-101(標準用)・SW-102(装具用)で使用する素材はヨーロッパでは動物愛護団体などの要望が年々激しく、生き物の皮を使った商品の輸入規制が厳しくなる最中、天然皮革材に変り素材感や通気性等の条件を満たした合成皮革材が開発されており現在商品化された中でもより天然皮革材に近い合成皮革材を使用しております。

今回はメンズサイズ(25.0cm〜28.0cm)を先行して販売させて頂きますがレディースサイズ及びキッズサイズも企画開発中です。ご期待ください‼  

サスウォークシューズ品番:SW-410再販売までの経過報告

平成27年5月15日

【SW−410(足反板対応靴)の一時生産及び販売を中止致します。】

日頃より大変お世話になっております。

早速で大変恐縮ではございますが、お客様へ大切なご報告がございます。

平成27年3月より、新規商品SW-410(足底板対応靴)を販売させていただきましたが販売早々にご使用になられたお客様より下記内容のご指摘をいただきました。

主なご指摘は、

○履き口が狭くて履けない、又は、窮屈。

○SW−405と同じサイズを注文、SW−410タイプは小さくて履けない、又は、窮屈。等々・・・

ご指摘をいただき改めて完成品と初期段階の企画指示書を確認したところ、多くの問題が発覚いたしました。主な原因は、予てより新規商品[品番SW−410]の特徴でもあります足底板を使用しないお子様の足にフィットするよう既存商品[品番SW−405]に比べ、靴全体のサイズを小さく〔靴幅を細く、甲回りを低く〕企画したのですが、弊社が指定した数値よりも各サイズで数値が微妙に違っておりサイズに寄っては1cm位誤差が生じるサイズもございました。誤差が生じた原因につきましては既に当社で把握できておりますが、現地のスタッフと改善方法を検討して参りましたがもう一度企画製作段階からやり直すことに結論が達しましたのでご報告申し上げます。

現時点に於きましては既にサイズの修正も終え、5月末頃にはお客様方へご案内が出来る方向で順調に進んでおります。この度、新規商品[品番SW−410]をご使用になられ弊社へご指摘をして頂いたお客様方始め商品をお待ちのお客様方には多大なご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

心からお詫びいたします。

当社ブランド[サスウォークシューズ]は販売当初よりお客様を始めドクター、理学療法士(作業療法士)、義肢装具士の方々のご意見やご指摘を下に世界で初めて標準用(健足)と装具用別々の機能を取り入れながら左右同じデザインで履ける商品を販売して早や16年が経ちました。

当時は、見本とする靴も無く大変多くの方々のご協力を仰ぎ装具を装着して歩行する子ども達の特徴を観察して製作を行い、試着の都度修正を繰り返しながら商品化するには時間・資本・根気が必要でした。

正直、企画製作途中で放棄したくなる事案は結構あります。

そんな時は、商売の神様パナソニックの創始者[松下幸之助]氏曰く、「私には失敗はございませ。何故なら今もやり続けているから。」諦めて辞めた時が失敗です。

我々スタッフは[松下幸之助]氏の言葉を信じて、現在販売させて頂いております[サスウォークシューズ]の更なる改善を図りつつ、新しい商品化に挑戦してまいります。

今回、客様からの頂戴した貴重なご意見は当社へもっと便利で良い商品を造るようにと、お客様方の叱咤激励と承り精進して参ります。

店主:新井和幸

H27年03月14日 【SW-31シリーズ・SW-405・SW-502タイプ】の価格改定のご案内。

商品価格改定につきましてのご案内

平素は、弊社の製品「サスウォークシューズ」をご愛顧頂きまして誠に有難うございます。

早速で大変恐縮ですが、サスウォークシューズの価格は如何なる理由があっても販売当初より現在の価格を維持してまいりました。その間、数回に渡って製造原価のコストアップを承諾してきました。今回入荷する商品【SW-31シリーズ・SW-405・SW-502タイプ】も更にコストがアップされております。当然、原産国の物価上昇等も踏まえ止むを得ず承諾した次第ですが、更にご承知のように国内では予想を上回る円安が進み現状の価格を維持するのが非常に困難な状況になりました。この様な事情を踏まえ止むを得ず販売価格の改定をすることになりました。誠に心苦しいお願いになりますが何卒ご承知いただけますよう伏してお願い申し上げます。            

価格の変更を行う対象商品は【SW-31シリーズ・SW-405・SW-502タイプ】です。時期は平成27年3月20日より、現在の上代価格より¥200円(税別)アップさせて頂きます。

SW-502:¥5.300円➝5.500 ◆SW-405:¥5.800円➝6.000 ◆SW-31シリーズ◇通常価格:¥5.800円➝6.000 ◇組合価格:¥6.800円➝7.000 ◇片足価格¥3.5003.700 ※全て税別価格です。

誠に勝手なお願いと重々承知しておりますが、この度の価格改定に付きましては何卒、ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

店主:新井和幸

サスウォークシューズ入荷のお知らせ。

お客様へ 20150212

サスウォークシューズをご愛用のお客様へ、大切なご報告がございます。

平素は格別のお引き立てを賜り、ありがたく厚く御礼申し上げます。

早速で大変恐縮です。サスウォークシューズ一部欠品に伴い、ご愛用頂いておりますお客様方には多大なご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

心からお詫びいたします。

既存のサスウォークシューズ入荷決定!!

商品番号SW-502(足底板対応ベビータイプ)・SW-405(足底板対応キッズタイプ)・SW-31シリーズ(下肢装具対応タイプ)は、3月頃入荷いたします! 

また、同時期に新規商品SW-510(足底板対応ベビータイプ)・SW-410(足底板対応キッズタイプ)も販売決定!

・・・2月16日頃より[ご予約]並びに[入荷連絡待ち案内希望]を承らせていただきます。

☆、新規商品の詳細は近々アップいたします。

★新商品のSW-510(足底板対応ベビータイプ)の場合、◎サイズを15.5cmまで延びて13cm〜15.5cmまで、0.5cm刻みでご用意いたします。また、中敷(インソール)は通常の3mmの厚みに加え、甲の周りが低く足幅が細いお子様向けに更にもう一枚5mmの厚みの中敷(インソール)もご用意いたします。

・・・既存商品の価格変更のご案内をさせて頂きます。

サスウォークシューズの価格は如何なる理由があっても販売当初より現在の価格を維持してまいりました。その間、製造原価は右肩上がりでアップし製造元の要求を承諾して参りました。今回入荷を予定しております商品のコストアップにも渋々承諾も更に円安等が響きいよいよ現状の価格では維持が困難になりました。誠に申し上げ難い事ではございますが、既存のSW-510SW-405SW-31シリーズに付きましては欠品中の商品の入荷販売時期に合わせ誠に勝手ではございますが現在の上代価格より¥200円(税別)アップさせて頂きます。

SW-502:¥5.300円➝¥5.500円 ◆SW-405:¥5.800円➝¥6.000円 ◆SW-31シリーズ◇通常価格:¥5.800円➝¥6.000円 ◇組合価格:¥6.800円➝¥7.000円 ◇片足価格¥3.500➝¥3.700 ※全て税別価格です。また、新規商品SW-510SW-410タイプの価格も既存商品の変更後の価格帯と同額で販売を検討しております。

何卒、ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

店主:新井和幸

皆様へ大切なご報告がございます。

お客様へ

サスウォークシューズをご愛用いただき誠に有難うございます。

実は、お客様へ大切なご報告がございます。

8年以上に渡りサスウォークシューズを造って頂いておりました中国の工場と弊社の間でビジネス上大変大きな隔たり(原価費用・生産日数・生産足数・新規商品等)がございます。

今日まで輸入商社を代えし、生産工場と交渉を重ねて参りました結果、工場側の要求を全て承諾して双方が合意の下、サスウォークシューズの生産を継続して頂くことになり弊社も安堵し先月からお客様へご報告させて頂いた次第です。

ただ、ここに来て新たな問題が生じました。生産の時期や日本への納期に付いて、納入時期は来年4月頃との思いもよらない返答でした。到底弊社としては承諾が出来ず通常の生産日数で仕上げて頂くよう要請を行ないましたが交渉の余地はございませんでした。

更に心配な事は、今回に限らず今後も継続して発注から入荷まで約半年も掛かるような状況が続きますとサスウォークシューズは特殊なアイテム(同じデザインで3種類+カラー)の為、大量の数の生産をお願いしてもサイズも多く一商品ごとの数量が薄く来年4月の入荷した時点では既に欠品する商品も発生することが間違いなく生じます。とは言っても国内で5,000足以上の在庫を常備確保が出来る企業規模でもございませんし、特に、一年以上国内で保管しますと商品の劣化や変色等で品質面に於いても決して良い事ではございません。

数々の問題を踏まえ、アイテムの縮小を図って足数を充実させる事も含め検討も致しました。特に、今日までサスウォークシューズをご愛用いただいておりますお客様方の事を考えると、幾ら時間が掛かろうとも先ず、入荷第一でお願いすることも考えました。

半面、今日まで大変多くのお客様と接する機会に触れ直接伺ったご要望の内容、お取引(DrPTPO)様方よりご指摘いただいたご意見(改良点等)を下に新たな商品化の実現! 本来の業務であります企画・開発魂が沸々と湧いているのも事実です。

色々悩んだ末、今日までご協力頂いた生産工場では今後サスウォークシューズの生産を断念致します。

更に、現在販売中のサスウォークシューズSW-31シリーズ並びにSW-502SW-405タイプは現在の在庫を以て、大変勝手ではございますが販売終了とさせて頂きます。

今のデザインになって約15年が経過します。 長い間大変多くのお客様に親しまれご愛用いただき大変感謝しておりますと共に、皆様には大変ご迷惑ご心配をお掛けして心からお詫びいたします。

★さて、今後に付きましてご報告申し上げます。

実は、18年程前より弊社が直接上海の地でサスウォークシューズとは異なる弊社特許商品のベビーシューズ[家庭画報・ライトアップ・ロイヤルステージ・JALANA機内誌等‥で販売]を製作しております大変小規模ですが製作所(SASSCHINA)を現地の仲間と営んでおります。今後は、製作所の規模を広げサスウォークシューズを製作する事に致しました。現在はデザインを新たにSW-502に変るSW-510(足底板ベビータイプ)を製作中です。此方の商品は今年12月中旬にはサスウォークネットショップでご紹介をする予定で販売は来年1月末頃を予定しております。続いて現在のSW-405にカラーバリエーションを変えたSW-410(足底板キッズタイプ)を12月末頃にはサスウォークネットショップでご紹介する予定で販売は2月末頃を予定しております。と、同時にSW-31シリーズに変りデザインを一新、更に履き易く工夫したSW33シリーズ(SW331/標準用・332/SHB装具用・333/SLB装具用)等。その他、SW-10シリーズ(メンズ用)SW-20シリーズ(レディース用)を順次製作を進めて参ります。

今、サスウォークシューズで必要なサイズが欠品していて販売まで待てないお客様もいらっしゃると思います。

今迄のデザインじゃなきゃ嫌だ!と仰るお客様もいらっしゃると思います。ご期待にお応えできなくて本当にごめんなさい。・・・SASSCHINA製作所が安定するまでは誠に残念ですがお一人お一人のお声をお聞きする事は叶いません。今は、何よりもサスウォークシューズを必要とされお待ち頂いておりますお客様を優先に商品を進めております。

何卒、ご理解賜りますよう宜しくお願いします。

店主:新井和幸

トリ―チヤ・コリンズ症候群 ご両親の[夢]叶うまで挑戦。

川崎市在住のお嬢さんの事でご両親から電話でご相談を頂きました。

生まれて間もなくトリーチヤー・コリンズ症候群と診断され将来歩くことも叶わないと医師から告げられました。でも、幼少の頃から足に重たい装具を着けて何とか歩行が出来ていたのですが本人は装具が重たいのか?装具を着けることを嫌がり数年前には大動脈の手術をしてから殆ど歩行は勿論立ち上がる事さへ出来なくなり今は車椅子生活に。ご夫婦で娘さんの介護をしてらっしゃいますが着替えやトイレ等で車椅子から立たせる時、娘さんを持ち上げるだけで年老いたご夫婦では大変苦労するそうです。それが原因で奥さんは腰に負担が掛かり過ぎて腰痛になり手術をしたそうです。

・・・・トリーチヤー・コリンズ症候群とは、頬骨や顎など顔面形態の不調和が特徴的な症状の疾患であり、常染色体優性先天性疾患の中でも稀な例の一つです。約10,000人に1人の割合で新生児に見られる。

ご相談は、以前のように歩く事は叶わなくても、車椅子から立ち上がるだけでもいいとの思いで病院へ相談したところ、足首をしっかりサポートできる靴を履けば立ち上がれる可能性があるかもね。と、ドクターから[サスウォークシューズ]のサスプランニングへ相談してみては?と紹介されて私共にお電話を頂いた次第です。

お電話でお話を伺った時は靴屋の親父だけでは適切な判断は出来ないと考え、月に一度「靴(足)の診断」でお邪魔している千葉市ハーモニープラザで無料相談を行っている整形外科の先生に相談したところ、快くご相談に乗って頂ける承諾を得、川崎市から千葉市ハーモニープラザへ家族でお越しいただきました。

お嬢さん、初めての所へ来て緊張しているのか車椅子から動く気配は全くなしでしたが私達とご両親の会話が聞こえるのでしょうか? 徐々に緊張も解れ、立ってみようか!の呼びかけに一生懸命立とうとしますが脚全体に力が入らずに全く立つ事ができません。

でも、立とうとする意識は十分伝わってきます。・・・意識を受け止めながら諦めずに、諦めずに、方法を考えた結果、永い間車椅子生活だった為、殆ど脚の筋力が失われて立てない。また、足首が自分でコントロール出来ない状態なので、足首を固定するだけの既成装具を着けて「サスウォークシューズ」SW-405(ハイカット/※写真)又はSW-311(ミットカット)を履いてお尻を上げる運動から少しずつ脚力をつけて立ち上がれるようしましょう。

ご両親も納得され、既成装具を使用するにあたって役所へ相談に行ってもらう事に成りました。直ぐには立ち上がる事は叶いませんが、本人の努力とご両親の[夢]叶うまで挑戦し続けてくれることを心からお祈りしております。

 

二分精髄という障害で20年近くの靴でお悩みのご主人。

ご主人が二分脊椎という障害で両足とも、装具を着けての生活。20年近くもご夫婦で靴探しに大変ご苦労されて、やっとサスウォークシューズに辿り着いた喜びをお手紙でいただきました。 その内容を読ませていただき、サスウォークシューズが靴でお困りの方のお役に立ってよかった!!

反面、サスウォークシューズを企画・製作・販売してちょうど20年になります。当時は2歳になる二分脊髄のお子さんとの出会いから子供向けの商品をお造りしてきましたが、その頃からサスウォークを使用されているお子さんはサイズ的には既に大人サイズになっている方も多くいらっしゃいます。

5年位経ちますかね?24.5cm以上のサイズを造ることを決め現在販売しておりますが、全然営業をしないもんだから判らない方が沢山いらっしゃいます。

この度、お手紙を頂戴したお客様や、まだまだサスウォークシューズの存在を知らない方々へ、・・・・・やっぱり営業は下手だから(;'') サスウォークをご使用になっている皆様の口コミに期待しちゃって、私は、新商品の開発に一生懸命集中させていただきます!

足の診断(3月12日千葉ハーモニー)より。

今月も大変多くの方々が足と靴のご相談に来ていただきました。 特に、ご相談の内容が多かったのは今回もやはり「外反母趾」でお悩みの方でした。

その中で右の股関節に障害もあって腰が曲がらず靴を履くのも一苦労のお母様。屈むことができないからいつもゆるゆるの靴を履いて外出。 先月、私とお会いした時は杖を使って右足を引くずるように歩いてこられました。 左足の外反母趾も進んでいるようなので[足底板」をお造りすることをご提案させていただき、他社メーカーで市販されているジッパー付の靴を履くようにお薦めいたしました。

そして、今日、その[足底板]と[靴]をご準備して試着。   お母さん、館内を少し歩いてくれる?  

お母さんの第一声!杖なしで歩けるわ。と、言いながら館内の階段を上っては下りて、またまたスロープの所を探して歩く。後から私が声をかけ・・・[足底板]を挿入して歩く前と今で何が違うか判る?って聞くと、左右とも足が上がって歩けてる。それと、歩く速度が全然ちがうわ。・・・嬉しそうに歩いてました。

実は、お母さんの足の衰えが主な原因ではなく、今までゆるゆるな靴(素材含む)で歩いているから安定感がなくて、歩くと転ぶんじゃないか?と、いつも恐怖感をもって歩いていたようです。  今回、お薦めした靴と足底板で[外反母趾]の進行を防げるといいね。

お母さんのお役にたててよかった。・・・そして、私の要求通りに[足底板]を造って頂いた友人にも感謝です。

お支払いはクレジット、銀行振込、代金引換がご利用いただけます。

※クレジットカードのセキュリティはSSLというシステムを利用しております。 カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。
 
ネットでのご注文は24時間受け付けております。
お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。

平日/ 9:00−18:00

※土日祝祭日はお休みをいただいております。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。
 
配送はヤマト運輸でお届けいたします。
ご注文確認(前払いの場合はご入金確認)後7営業日以内の発送をこころがけておりますが、万が一ご出荷が遅れる場合はメールでご連絡致します。

また、時間指定もうけたまわります。
指定できる時間帯は[午前中][12:00〜14:00]
[14:00〜16:00][16:00〜18:00][18:00〜20:00]
[20:00〜21:00]です。
 
お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。
当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。
 
株式会社サスプランニング

〒272-0832
千葉県市川市 曽谷7-3-7
TEL : 047-700-5800
FAX : 047-700-5801
MAIL : sasswalk@shop.rakuten.co.jp

※土日祝祭日はお休みをいただいております。
メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。
 
COPYRIGHT@SASSWALK All Rights Reserved.